自由に飛びたい

自傷が逃げ道高1のブログ。ダメな方はUターン。 暗い日々でも毎日笑ってます。たとえ作り笑いでも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道徳でフラッシュバック

今日道徳の時間がいじめについて、だった

怖くて怖くて仕方がなかった

昨日からわかってた、今日いじめについてやることを。

でも、行くしかなかった。


休み時間に久しぶりに学校で泣いた

でも気づいて欲しくて、助けて欲しくて、大丈夫って言って欲しかった先生は
いなかった

生徒会の何かの仕事で学校を出てた


いつもそう。
わたしが辛い時、気づいてくれる人はいなくて
一番頼りたい先生がいない

担任は前から二番目の席に座っているので泣いているのに気づいた
授業中、二度見された



でも、Aちゃんを除いて誰も一緒にいてはくれなかった

こんな時まで私は一人なのかも、そう思った
スポンサーサイト

先生

消えたいよ



先生に助けを求めることができていた一年前に戻りたい




本気でそう思うの

私の評価はC。 

昨日のできごと

美術の授業があった

私は私なりに宿題を頑張っていた

先生(今の担任)が宿題をやったか見回りに来た

「ここ、まだ丸刀のあと残ってるのわかる?
 この曲線になってる部分もまだまだ。
 ちゃんとやってきたの?」

「やりました」

「ふーん」

A、B、Cの三段階評価
私は  C   だった

えっ?頭は軽くパニック

しかも先生、みんなの前で言うんだ

Aは~~さんと~~さんと…

Cは~って。

Cの人は50点引かれてるって思えって言われた

今の先生の評価は
最初はみんな持ち点100点
忘れ物、提出物によって減点されていくの
私はこれまで美術では忘れ物をしたことがなかった
提出物も期限をちゃんと守った

なのに50点も下がったら…

今までの頑張りは評価されなかった


今までなら私の”頑張った”はみんなの”普通”
でも昨日になって変わった
私の”頑張った”はみんなの”頑張ってない”

授業が終わったら友達も置いて、すぐに教室に戻ってトイレで切った
考えてみれば3年になって初めて学校で切った
涙を浮かべながら血を滴らせた

頑張っても頑張ったに入らない
私はどこまで頑張ればいい?
本当にそう思ってしまう





これならいっそ…

「笑わないで損するのはおまえだからな」

24日(金)
高校に行く日(以下、高校訪問)
私は班長をやっていました
私の行く高校は12人でした

朝、私たちの高校担当の体育の先生が
「班長、人数確認しろ」
そう言いました
どう数えても11人しかいなくて、でも先生の視線が怖くて、脳内パニックになって
「います」
って言ってしまった
口が滑った
「一人いないだろ?ちゃんとやれよ」
「…すいません」

ここでテンションは一気に下がり、泣きたくて切りたくて。

”家に帰ったら切ろう、学校では切らないようにするって先生と話したもん”
そう考えてなんとか抑えた。


高校に行く時間になって昇降口でまた先生に言われた

「さっきみたいなことすんなよ?あとな、もっと笑え。もっとにこやかにできないの?
 笑わないで損するのはおまえだからな?なんだこいつって思われるのが普通だから。
 いい?笑うの、もっと笑うの!」
「…はい」
ここで私は精一杯の作り笑い

「そんなんじゃダメだから。笑ってないから」
静かな声でそう返された

一番泣きたくなった瞬間でした


「なんだこいつって思われるのが普通だから」


この言葉が一番辛かった。
普通?普通って何?
自然な笑い方なんて、忘れた
”笑え”そう言われても笑えないよ

本当に辛かった


なんとか高校訪問は成功した

でも私のもやもやは晴れなくて”切りたい””消えたい”としか思えなかった

”先生に会いたい”
そう思っていたとき教室に先生が来た
でも涙が出そうになって咄嗟に下を向いた

先生は気づいてくれなかった

先生が教室に来たのも私の行った高校担当の先生が用事があって教室を見れないから。

先生は教室をのぞきに来て言った

「ここは大丈夫だな」


涙が出た
でもすぐ抑えたから一滴落ちただけ。

先生、大丈夫じゃないよ? 私、泣いてるよ 不安で潰れてしまいそうだよ

そう思っていたら教室の後ろのドアから先生と一組担任のE先生が来た
一瞬目があった

先に目をそらしたのは私
先生に会いたくて本当は聞いて欲しくて泣きたくて
でも、いざとなると
”願望”よりも”迷惑”のほうが大きくなった

そのあとの卒業アルバム個人写真の撮影でも、何回も何回も
「もっと笑って!にこって笑って!」
そう言われた

やけに辛かった24日の出来事

夏祭りと高校と模試と偏差値と。

最近あったこと、書きます

23日(木)
学校始まりました
テスト、前よりは点数上がってると思います

この日は部活もなくて早めに帰宅→塾(数学)
塾では、2次方程式の利用の問題を解けたのがクラスで私一人で褒められました
夏期講習明け最初の授業でみんな忘れていたのです

「夏休み中頑張ってたんだな、すごいよ!」
この先生はそんなに褒めることはないので、とても嬉しかったです


24日はいろいろあったので次の記事に書きます


25日(土)
彼氏と夏祭りに行きました
花火は塾があったので2人で見ることはできなかったです
でもプリを撮ったり、かき氷食べたり、たくさん話せて笑えて…
とても楽しかったです

実は、この祭りには先生も行くと話していたようで、密かに会えたらいいなぁなんて思ってました
あいにく会うことはできませんでした
でも、これでいいんだと思います
彼女さんと行くと言っていたので会ったら会ったで、悲しいのは事実ですから。


塾では教室から花火を見ました
とても綺麗でした

8月4日に受けた模試が返されました
国語も社会も偏差値は6上がってた
理科も3上がってた
数英は下がってたけど
全体だと8点上がって偏差値は1上がりました

「8月号の模試ってね、難しく作られてるの。いくら夏期講習頑張っても下がる人が多いのが事実。
 そんな中で偏差値1あげた。たった1って思うかもしれないけどね、これはすごい事なんだよ!」
って言われました

そして、わたし言ったんです
「本当は○○高校より△△高校に行きたいんです」
「…そっか。クラス変える?今の○○がいるクラスには△△高校狙ってる人は誰もいないんだよね」

と。
まぁ、いろいろありそうですが
偏差値をあと7上げないと塾ではあまり受けて欲しくないとのことなので
頑張ります

あいにく自信は持ち合わせておりません

明日から学校です
3年だけ登校して1.2年はまだ夏休みです

実力考査が待っています


久々にみんなに会えるの楽しみです



なんて、言ってみたいです



本音を言えば
「行きたくない」  
この一言に限ります



5時間テストを受けて6時間目は総合の時間
あさって高校見学に行くんです
それの最終確認をします
私は行く気のない高校に行かなければなりません

明日の総合は学年全体の120人ぐらいで先生の話を聞かなければなりません
心の中は「ふざけんな」
なんでわざわざ広いところに移動して体育座りして話を聞かなきゃいけないの?

ただでさえ人が多いの苦手なのに。先生、同級生の目が怖いのに。



切ってしまおうかな。

次の体育、つまり半袖になるのは来週の火曜日

今切ればきっと火曜日には薄くなってるはず。


切ってしまおうかな

考えてみたら8月に入ってから切ってなかったんだけどね





明日からの学校に耐え切れる自信を、私はあいにく持ち合わせておりません

一年前の私

私に何ができるのかな


「先生 切りたいです」


こうやって甘えてた中2。


一年前の今日もこうして甘えた

でも2時・3時の夜中に送ったからか
朝になるまで返信が来なかった

今考えれば当たり前なのにその時はただただ悲しかった
どうして?先生、私がしつこいから?甘えすぎてるから?

嫌なことばかりが脳をよぎってひたすら泣いた。


太陽が登った朝、7時24分。

「ごめんなー、昨日返事できなかったー」

こんなメールが返ってきた


違うよ先生、先生が悪いんじゃないの。

夜中にメールしたのが悪いの
変な内容だったのも悪いの


いつも、先生は謝ってくる

「学校で安心できない」

ってメールした時も

「ごめんな、学校で安心させてあげらんなくて。」

って返ってきた

先生のせいじゃないんだよ
ただ私の心が弱いだけだよ、臆病なだけだよ

先生とまたメールがしたいです

「死にたいです」
「死にたいとか言うなー。悲しくなるじゃん。」


「そんなの綺麗事。悲しくなる人なんていない、いるわけないんです」
「○○がそう思ってるうちは綺麗事かもしれないけどね。
 俺は君が死んだら嫌だから、止めるわ」


「私は誰からも必要とされてない。いらない存在なんです」
「バカ!いらない訳ないだろ!○○が大事だからみんな心配してんだろーが!気づけ!」


「いなくなりたいです」
「○○がいなくなったら悲しむ人がいるよ、俺も、友達も」


「迷惑ばっかかけてすいません」
「何を今さら。俺はお前の担任だわ!とことん付き合うよ」


「無理して笑うの辛いです」
「無理して笑わなきゃいけないのは大人になってからで十分だよ」


「先生の取り柄たくさんありますよ。…ちょっとだけ、羨ましいです」
「○○にもたくさん摂りえあると思うよ。□□先生が褒めてたよ」


私は本当に甘えてたんだね


中2の頃に戻りたい





なんて甘え、この世界で通用しないのに。

先生、先生…

先生…

苦しいです


涙が止まらない




先生、私のこと気づいてください

先生に会いたい


先生、切りたいよ…



先生…

宿題

あと2個なの。

塾と部活に追われながらもなんとか終わらせたのが7個


残りの2個は社会のレポートと美術の木彫箱のヤスリがけ。


レポートは店(コンビニ、スーパー等)から見える現代社会を書くもので
ヤスリがけはとにかく細かいの…。

「削った跡がわからないように」

じゃあなぜ授業で削らされたんだ…。


はぁ、終わらないな。


でも、明日から部活が一日練だから時間が取れそうにないので
とにかく頑張ろうと思います
せめて社会のレポートだけは…。


あっ、昨日髪切った

前髪を少し厚くしてもらった

「かわいいー」
そう友達にも言われて
一回も喋ったことがない塾の子にも言われた

うん、完璧なお世辞。
わかってる。


でも、先生にならお世辞で
「かわいい」「似合う」って言われても
かなり照れるし嬉しいと思う///

はい、すいません 笑 


完全なる暇更新。
暇じゃないのに。

夢 先生からの手紙 

「勉強しないくせに寝てばっかいて」

今朝起きて最初に言われた言葉。



勉強しなければ、私は寝てはいけないらしい。



朝から一気に堕ちた。

_______________________________________


今日の夢

先生が担任だった
HRの時間だった

先生がひとりひとりに手紙をくれた

私への手紙にはこう書いてあった

「○○へ
 頑張ってるなぁ。いつもそう思ってたよ。○○は頑張りすぎるから、頑張りすぎてるから
 少し力をぬこう。頑張りすぎてる自分に気づいてやれよ?少しは自分を褒めてあげて。
 俺のこと、頼っていいんだぞ?頼りないかもしれないけどな 笑
 今後生きていく中で○○が少しでも笑顔になったり楽しみが増えてくれたらいいな。
 あれは程ほどにな?いつでもメール、してこいよ?電話でもなんでもしてやっから。
                                     担任 ○○より    」


すごく嬉しかった
久々に先生のクラスに戻れた気がした
久々に先生の優しさに触れた気がした


先生、夢の中だったけど嬉しかったです



この夢のおかげで今日は少し明るく過ごせると思ったのに
なんであんなこと言われるんだろう


勉強しなきゃ。

続。

続きです。

________________________________________

食べ進めていましたが私以外の3人(美術部2人と友達)が順番にお肉焼いてたんですよね
すると先生

「こういうのって性格でるよね。見てる人とてきぱき焼く人」 と一言。

一気に堕ちていくのがわかりました…。


そしてただひたすら食べてました

そのあとの会話は

先  「○○ちゃん(私のあだ名)はどこの高校に行くの?」
私  「○○に行きたいんですけど親は安全に△△に行けって言ってきます」
先  「○○だったら□□先生の後輩になるね」
私  「そうですよね、でも学力がちょっと…」
先  「うーん、○○ならもうちょっと頑張らなきゃね…」
私  「はい…頑張ります 笑」


先  「○○ちゃん(私のあだ名)今のクラスどう?」
私  「うーん…微妙です 苦笑」
先  「なんだよ微妙って 笑」

先  「(ぼーっとしている私を見て)40代みたいだぞ 笑 まだ若いんだから!」

先  「(ぼーっとしている私を見て)もうお腹いっぱいなの?」

先  「(お肉が熱そうでフゥフゥしていると)そんなに熱い?」



みたいな会話をしました



約二時間半のクラス会もそろそろ終わり
30人中27人も来て結構楽しかったです
最後の最後に不思議な事件がありました
一人2000円持ってくるのですが
52000円しか集まらなくて先生は
「もぅ(-"-)」って言ってました

先生の自腹キツそうだったな 笑

全員にドリンクを1杯ずつおごってましたし。


店の外に出てそれぞれ帰りました

帰りも送ってもらったのですがどうしても最後に先生の顔が見たくて
車が走り出した時に車内から先生を見たんです
そしたら目が合って、先生は手を振ってくれました
性格も可愛くない私は会釈が精一杯でした


もっと明るかったら先生に手を振れたのかな…なんて。




でも、楽しかったしたまに先生の足と私の足がぶつかったりしてドキドキでした


先生はやっぱりかっこいいけど途中彼女さんの話になりました

「今日花火あるって知らなくてここ予約しちゃってさ昨日彼女に
 なんでいけないの?って言われて泣いて帰られちゃった」

って言ってました

泣いて帰られたって先生の家にいたの?
昨日一緒にいたの?

頭の中で流れる言葉…

さらに追い討ちをかけるように
「今年中に結婚するの?」って男子に聞かれて
「したいけど金がな…最低でも300万ぐらいかかるんだよなぁ」

って。
したいのですか…そりゃそうだと思うけども、、
と心の中でつぶやいてました。



_____________________________________

このように内容の非常に濃いクラス会でした


大切な思い出になりました


長くなってしまいすいません
読んでくださった皆様、ありがとうございました

5日の旧クラス会のこと

書こう書こう


そう思っていたけれど
結局今の今まで書けずじまいでした

私はこの日のこと忘れたくないので書いておきます

遅くなってしまいましたが それでも
気になるよー
という優しい方は見てあげてください

喜びます、私。 笑


では。
__________________________________

友達の家の車に乗り送ってもらい、店につきました
すると男子はもうほぼ全員着いていて
女子はまだ誰もいない…と思いきや駐車場の車から出てくる陸部3人組が目に入りました

かくして、私たちもその方々に合流しました
私は少し離れたところにいましたが。
1分ぐらいしたら美術部グループが来ました

「時間だし入ろうか!」  先生がそう言いいよいよ店内に

端っこのテーブルに座った私と友達と美術部グループ(文化部グループ)の計4人が座りました

ちょうどその時女子テニス部だった子達が来ました


配置的には奥に男子の(ほぼ)文化部グループ。先生もいました
その縦に並んだ列に女子の運動部グループ  (苦手
この縦の列の一番端に私を含む女子グループ
ちょっとずれて横に男子の運動部グループ

と、配置的には特に問題なかったです
ただ、先生が少し遠いな…

そう思ってたら先生が座っていたテーブルは先生一人しかいなくて空いているということで
私たちの文化部グループが先生と同じテーブルに座ることになりました

私は前のテーブルにいた時から端っこに座っていたので動き出すのが遅く
さらに4人分の座布団を片付けていたのでテーブルについたのは一番最後。

必然的に私と先生の距離は近くで、私から見て先生が右斜め前という位置でした
少し嬉しかったです

そして宴会コースの飲み物が運ばれてきました
なんて言ったのか忘れましたが先生が乾杯の挨拶をし

「「かんぱ~い♪」」

と、みんなの声が重なりいよいよ始まりました

先生は同じテーブルの私たちとだけ乾杯をしてくれました
順番は一番最後だったけど少しだけ時間が長い乾杯に感じました

そして私は烏龍茶、先生は生ビールを口に含んだあと、先生は私を見て一言。

「○○ちゃんは(私のあだ名)将来、お酒を静かに飲みそうだよね 笑」

久々に先生の”苦笑い”ではなく”笑顔”を見た気がしました


そしてお肉登場
美術部の一人が焼いてくれてどれ食べる?って聞かれました
「小さいの!」って私が言ったら 先生は

「肉食べに来て小さいの!なんていう子初めて見た 笑」

ってまたまた笑ってくれました

_________________________________

やはり長くなったので明日更新します

文章力なくてごめんなさい 汗

先生の苦笑い

先生の苦笑いを

私は何度見ただろうか----------






先生は



呆れてたの?





私の親に自傷のことを言う時も

暑いのに長袖を着ている私を見たときも

最近どう?って聞かれて静かに横に首を振った私と話していた時も

学年で集まっていたとき震えてた私に話しかけてくれた時も

ぼーっとしてたとき話しかけてくれた時も

休み明けの朝「大丈夫?」って声かけてくれた時も



だから

苦笑いだったの?



幾度となく向けられたあの苦笑いは

私に対しての


”呆れ”


という感情だったの?




私が自傷をやめられないから?


上手な作り笑いで”大丈夫です”って答えないから?



やめれないかもしれないけど人の目に付くとこに傷は作らないから

”大丈夫です”って上手な作り笑いで言うから



だから…
だから私に対して、呆れた感情のこもった苦笑いなんてしないでください



先生
お願いです














…わがまま、ですよね



先生を呆れさせてるのは

全部私の所為なのに。

最近、私立高校生のいじめ問題がニュースに流れております

去年の11月とかかららしく高校から退学するように言われたようです
今は、学校に行けないそうです


その子は左腕をサポーターで隠してて何かと思ったら
根性焼きでした
自分でやったのではなく同級生に強要されたとのこと。

私の母親はテレビで見て言いました

「親は気づかなかったのかな。そんな長いあいだ。長袖をいつも来ているとか
 気づける点はいっぱいあっただろうに」って。

父親の前で。

「あんたも同級生にされてんじゃないの?」って私に向かって言いました

「はぁ?」って言い返しました


母親は父にばらそうとしています

ふざけるな

いつも父の前で言って

いつもいつも本当に嫌

だから1階に居たくなくて上で勉強

いちいち声かけてきてなんで1回来ないの?ってうるさい

おまえのせいだよ


もとはI先生のせいだ

「親に言えばなにか変わるかもしれないから。相談も出来るでしょ」
そういったのはI先生だよね?

当時学年主任だったから先生も逆らえなくて。
「いつかは言わなきゃと思ってたけどまさかこんなに早いとは思わなかった」
そう先生は苦笑いで話してくれて。


知ってるでしょ?いつも長袖着てるの、暑くても腕だけはまくらないの
私服で出かけるときも腕が見えないようなサマーセーターとかで出かけるの

なのに、あんたまた長袖着てたの?そういってくる



うざいうざいうざい


家では親に言われて
学校では友達に言われて腕出してたら嫌な顔するじゃん

なのに、長袖長袖うるせんじゃーーーーーーーーーー


少しぐらい切らせてよストレス発散させてよ泣かせてよ弱音吐かせてよ私を自由にしてよ



今いじめられてなくたって過去の心の傷は深いしいつまでも消えないものなんだよ



自分だって切って自殺未遂だったくせに。
パックリいっても縫わないだけ母親よりはマシだと思うがな。




ほんとにおやきらい
だいきらい
いらない









いじめ問題がなくなることはないと、私は思っています
でも、少しでも手を差し伸ばす人が増えて救われる人が増えることを心から願っています

旧クラス会

行ってきました

旧クラスの会


先生かっこよかった





でも、今は泣きたくて泣きたくてブログを書く気分になりません

明日部活から帰ってきたら書きます





本当に泣きたい

そして猛烈に切りたい




続きを読む »

偏差値…

更新できなくてすいません


夏休みが始まった21日から休みが全くありません

夏期講習と部活がある日
部活だけの日
夏期講習だけの日

毎日毎日休みはなくて
今日は部活がなかったけど模試があって
明日は夜に2年の時のクラスの集まりがあって
もちろん先生に会えるけど急に仲のいい子が来れなくなって

ぼっちの雰囲気…。

来週の土曜日まで何かしらで出かけてます…



少し、休みたい。

________________________________________

昨日、第二志望の高校のオープンスクールに行ってきました

月曜日、第一志望の高校に行ってきます


第二志望の高校は、偏差値59で合格率80%になるには63まであげなければいけません

でも、制服といい校風といい私はそこに入りたい
改めてその気持ちが大きくなりました

がんばらなきゃ。

第一 59
第二 63
第三 58
第四 61

↑私の志望校での合格圏になる偏差値です

と、遠すぎる…

第四は私立なんですけど。

はぁ…。勉強しなきゃ。


頑張ってきます(つд⊂)

自覚ないの?

いつも責められるのは私だね

「網戸したまんま窓開けただろ。壊れたじゃん」
「するわけないじゃん!うちだってそれぐらいわかるもん」

「いつも勉強しろって言うからダメかと思った」
「そんなこと言ってないだろ」



こんな親いらない




母親にも
「何でそんなに不機嫌なの?」
「不機嫌じゃないし」
「そんな顔してるもん」
「こういう顔なの」
「はぁ?」

うざうざうざ








勉強勉強って攻めてる割に自覚はないんですか
不機嫌な顔?そうさせたのお前たちだろ

なんなのもうさふざけないでよ
何がわかるの
友達と遊ぶのだって禁止して
好きな歌手が出るテレビを見るのも禁止して
勉強勉強勉強勉強勉強勉強勉強




切ったら怒るんでしょ?

なに?死ねばいいの?







しんだほうがいいんだよね

 | HOME | 

■ プロフィール

*闇蝶*

Author:*闇蝶*
別の名前でもブログ書いてます

死にたがりの高1。
でも頑張って生きてるんだ
生きてる証拠をここに残します

自傷癖・OD・首絞め・引っ掻き・過呼吸・
過去にいじめ・たまに拒食、過食
神経過敏症
精神科通院中

一人は好き
でも独りは嫌い

我儘だといわれてもそれが私。

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ フリーエリア

■ カウンター

■ 全記事表示リンク

■ 全記事表示リンク

■ 全記事表示リンク

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

■ ブロとも申請フォーム

■ QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。